子供の身長は何で決まる?遺伝以外に身長に影響する3大要因とは。

子供の身長は何で決まる?遺伝以外に身長に影響する3大要因とは。

 

子供の身長は、遺伝と関係があると考えている医学的な専門機関もありますが、はっきりとそうであると判断されているわけではありません。
日常生活の中にも、身長を伸ばすことが出来る要因が多く存在すると考えられています。
特に、遺伝以外で慎重に大きな影響を与えていると考えられているのが、睡眠と運動と栄養バランスです。
これら三つがきちんと揃っていないと身長を大きく伸ばすことができなくなる可能性が高くなります。

 

まず、三大要因の中でも特に睡眠は非常に重要なものであると考えられています。
睡眠をすると、眠っている時に肉体を成長させることが出来る成長ホルモンという特殊なホルモンの分泌が始まります。
成長ホルモンは様々なケースで分泌されるのですが、最も多く分泌されるのは睡眠時であることがわかっていますので、睡眠時間を削ることはほんとうに良くありません。
子供の時にはゆっくりと休ませるようにする必要があるのです。

 

次に重要になるのが運動で、これは様々な原因が考えられていますが特に運動をすることによって骨格の状態が良くなることが挙げられます。
例えば、バスケットボールやバレーボールをやっている人は身長が高くなる傾向があることがわかっていますが、これは運動の中で行われる動作が慎重を大きくすることに役に立っているからと考えられています。
実際に、昔の日本人は正座をすることが非常に多かったので骨格が窮屈になり、それによって低身長になってしまう人が多かったことも研究でわかってきました。
ですから、身長を伸ばすために運動をすることは非常に有効な手段だと言えるのです。

 

そして、三つ目に重要になるのが栄養バランスです。どれだけ身長が大きくなる行動を行っていたとしても、身長を大きくするための栄養が身体にないのでは意味がありません。
身体を成長させることが出来る栄養バランスがあって初めて上記二つの項目が役に立つということを忘れないようにしておきましょう。