子供の栄養が成長期の身長の伸びに影響を与える理由とは。栄養不足で低身長になる?

子供の栄養が成長期の身長の伸びに影響を与える理由とは。栄養不足で低身長になる?

 

子供にとって栄養はとても大切なものです。
母乳を飲んでいる時期は母乳から必要な栄養素を摂取しているので大丈夫なのですが、だんだんと母乳だけでは栄養素さが足りなくなってきます。
その時には、離乳食やおやつが必要となってきます。
3歳ぐらいになると、野菜や肉類、豆類、海藻類などのバランスのよい食事が必要です。
特にカルシウムは骨を強くする効果がありますので、しっかり摂らなければなりません。
子供の栄養が成長期の身長の伸びに影響を与えている理由は、子供の成長には栄養は必要なものだからです。
成長するために特に意識して取らなければならないものは、カルシウム、マグネシウム、ビタミン、たんぱく質です。
カルシウムが含まれている食品は、牛乳や小魚などに多く含まれています。
マグネシウムとカルシウムを一緒に摂取するとより効果的です。
マグネシウムが含まれている食品は、カツオやアーモンド、ほうれん草などです。
ビタミンは野菜や果物に多く含まれており、欠かすことができない栄養素です。
たんぱく質は、肉類や魚類、大豆類に含まれており、成長ホルモンの分泌を促す働きがありますので、とても大切な栄養素です。
身長を伸ばすためには、高たんぱくで低カロリーの食べ物が一番効果的です。
動物性のたんぱく質は摂りすぎると肥満の原因になってしまいます。
植物性のたんぱく質は低カロリーですので、背を伸ばすためにもとてもいい栄養素です。
背を伸ばすためには牛乳が効果的だとよく言われますが、牛乳だけでは足りません。

バランスの良い食事が一番なのです。
不足すると低身長になるわけではないのですが、バランスの悪い食事は成長ホルモンの成長を妨げてしまうので、その結果、低身長に繋がってしまうことはあります。
好き嫌いが多い子供もいますが、料理を工夫してできるだけ食べさせるように心がけましょう。
家庭菜園などで野菜を作ってみるのもいいでしょう。
バランスの良い食事を食べさせてあげましょう。